Luff

作曲したり漫画描いたり写真撮ったりするのりじゃがのブログ



映画「南部の唄」に登場するリーマスおじさんをイメージして作りました。
今回は普段使わないプラグインを使いました。全部フリーのVSTです。
Modern Monoizer(モノ←→ステレオ)
Modern Black Dragon(イコライザ)
Modern Death core(コンプレッサー)
他にもパラメトリックイコライザやらマキシマイザやら使ってますが、
あれですね、増やすと管理が大変ですね。あっちが立てばこっちが立たずで、
「私たち・・・どこで間違えたのかしら?」なんて曲と戯れながら調整してました。

周りが「家族が元気で」「就職できますように」「〇〇だいすき♡」的なことを書いてる中で
R0021653
コレ。
他にもっと書くことがあるのではと問いたい、自分に。
いやでもね、関係なくもないんですよ。
遠野にはオシラサマという民話があり、それを祀る伝承園という施設で書いたんですが
簡単に言うと娘が馬と結婚するとかほざいてる!つって娘の父が馬を殺しちゃう話です。
つまり、異種間恋愛なわけです。

異種間恋愛?

といったらアーネストとセレスティーヌでしょう!
・・・ま、それはいいとして
R0021612--
ここは遠野ふるさと村という屋外博物館です。時代劇でも撮れそうですね。
R0021617--
茅葺きが綺麗に揃っていて撫でたい衝動に駆られます。
こういったL字の構造が多かったです。一番左の入口は馬小屋になっています。
R0021592--
中は暗いですが、広くてひんやりとしています。
かまどから立ち上る煙のにおいに、当時の暮らしぶりを感じました。
R0021627--
R0021629--
R0021639--
年配の男性が鉤の手で支える柱と、木で出来た笠(後ろの電球のところ)について
珍しい、今はなかなか作れる人がいないと仰ってました。
言われて初めて気がついた、見落としてるものがけっこうあるんだな~と思います。

SAIで画用紙+鉛筆ぽく①
その1。コピー用紙のテクスチャはhayacoさんのものを使用しています。

http://d.hatena.ne.jp/hayaco/20120122/1327212772
平筆だとエッジが立ってより鉛筆らしくなるようです。illust/4977751
鉛筆塗りは鉛筆を寝かせた感じで、広範囲の塗りに適しています。
他にもすりこんでマットになった感じの設定が作れたらいいなぁ。
SAIで画用紙+鉛筆ぽく②
その2。コピー用紙のテクスチャはしるさんのものを使用しています。

http://twitpic.com/ihmyy
鉛筆し塗は鉛筆を寝かせた感じで、広範囲の塗りに適しています。

R0021237
始まる前は不安で不安で、1部も売れなかったらどうしようかと思ってたんですが
あろうことか完売しました、ひぃ!ありがとうございました!
キルラキルのシマは少ない印象でしたが、皆さんの熱をひしひしと感じた次第です。
再販しないんですか?というお声も頂きまして、本当にありがたい限りです。
いまのところ資金難につき再発行の目処は立っていません。
代わりと言っては何ですが、BOOTHにてPDF版のダウンロード販売を開始しました。
pdf告知用

なおC87は申し込んでないためLUFFとしての出展はできません。
友人の合同誌には寄稿するかもしれません。
最近オンリーやジャンルを限定したイベントに興味がありまして、
もしかしたらそちらに参加することがある・・・かもしれません。
まったりと活動していきますので気長に見守っていただければ幸いです。

このページのトップヘ