Luff

作曲したり漫画描いたり写真撮ったりするのりじゃがのブログ

イラストはこちら http://norijaga.tumblr.com/


ウキウキな感じです!
色んな音を出して楽しみながら作りました。
手前味噌ながら後半の流れが気に入ってます。

リハビリがてら作った記憶です。
声は高いのは女の子だからKeroVeeでオクターブあげたせいです。
あと歌のキーを整えるVariAudioのテストもしました。


好きな人の視線が気になるけど見てるのはこっちじゃないか
みたいな映像を想定して作ったつもりなんですが
なんかゲームのセーブポイントぽいですね。


生演奏です。旧友を懐かしんでる感じです。
スピッツの「魔法のコトバ」という曲で「また会えるよ約束しなくても」
というフレーズが好きなのでタイトルにしました。

好みで☆をつけてます。タイトルの隣をドラッグすると見られます。

シェルブールの雨傘 ☆☆☆☆☆
陽のあたる場所 ☆☆☆
ペット ☆☆
モアナと伝説の海 ☆☆
ビバリーヒルズ・コップ ☆☆☆
ドラえもん のび太の海底鬼岩城 ☆☆☆
ガールズ・パンツァー ☆
ダンケルク ☆☆☆
タンジェリン ☆☆☆☆
ネオン・デーモン ☆☆☆☆
ラ・ラ・ランド ☆☆
ハスラー ☆☆
わたしを離さないで ☆☆
クラッシュ ☆
マダガスカル ☆☆☆
シン・ゴジラ ☆☆☆☆☆
ブレードランナー2049 ☆☆☆☆☆
殺人の追憶 ☆☆☆☆
あらしのよるに ☆
グレムリン ☆☆☆☆

W04に引き続きWiMAXの速度計測結果です。
RaCouponにて購入、申込日から届くまで7日かかりました。
FullSizeRender
W04は下りの理論値最大440Mbps、
今回計測したTriprouter+U01は下りの理論値最大220Mbpsです。
どちらもSpeedtest.netでサーバーは東京、仙台、つくばのいずれかです。
iphonetri
↑がiPhone5sでの計測
pctri
↑はPCでの計測
下り26Mbpsが出た結果もありますが、平均すると
上り下りともにW04の半分程度と捉えることができます。
混雑していなければ下り10Mbpsは安定して出るようです。
通信費を抑えるか速度を控えるか、用途によって変わってくるでしょう。
なお全ての環境でこのような結果になることを保証するものではありません。

(追記:9/20)
pctri2
9/20 10時ごろのGoogleによるスピードテストです。
image1 (1)
こちらは9/8のものですが30Mbpsを超えることもあったという記録です。

ADSL(8M)が遅くルーターの調子も悪いため
ネット環境の改善を図るべくTryWiMAXでW04を借りました。
結論から申しますと使えます。速いです。こちらは新潟市。
W04はAC電源接続のハイパフォーマンスモード、2.4GHzのWiFi。
通信モードはハイスピードです(ハイスピードプラスでない)。
テストはSPEEDTEST.NET、サーバーはTOKYO。
iPhone5sと自作PCのUSB2.0にMTWUB6(LAN子機)を指しての2台で計測。
まずはiPhone5sの計測から。
image1-
image4-
赤い枠で囲った計測はADSL(8M)です。下り1Mbpsに届かず・・・
image2
image5
一方でWiMAXのW04は最高記録が下り50Mbps上り42Mbpsほど、
基本的には下り20~30Mbps上り2~3Mbpsが出ています。
窓からW04を離すと下りは10Mbps以上落ち込みます。
屋内で使用する時は窓際に置くことになるでしょう。
2階は良好な結果を得られることが多いです。
ただし2階にW04を置き、1階の機器で計測すると10Mbpsを割ります。
2階←→1階であったり壁をいくつか隔てて使用する環境ならば
L01を検討したほうがよいでしょう。
pcspeedtest201708082158
pcspeedtest201708082159
↑はGoogleChromeのブラウザ上で行った計測。
↓はWindowsアプリのSPEEDTESTで行った計測。
pcspeedtest201708082244
iPhone5SとPCに有意な差は見られません。
PINGはPCのブラウザで計測したほうが速いようです。
上りはWindowsアプリのほうが速く計測されました。

2.4GHzと5GHzを切り替えて使用できますが、
5GHzにすると電波感度が弱り下り10Mbpsほどになりました。
一概に2.4GHzより5GHzが速いとは言えないようです。

以上の計測は2017/08/08までの当方の環境によるもので、
全ての環境でこのような結果になることを保証するものではありません。
WiMAXは一度Try WiMAXで試されてから運用することをオススメします。

このページのトップヘ