Luff

作曲したり漫画描いたり写真撮ったりするのりじゃがのブログ

2014年06月

イメージ021
「キツネよー仲良く分けるのよー」

アナグマのお母さんになって子供を守りながら食料を探すPCゲームです。
子供は5匹、キュン!と鳴いてお尻フリフリさせながらついてきます。
子供達がねーお母さんの真似するんですよ、吠えたり伏せたり。
キュン死必至ですよ。
最初何もわからず採った実をほっぽっていたんですが、
気がつくと白くなって倒れてる子がいました。
食べてない子は脱色してくるようです。きちんと分配して与えないと。

道中、1匹鷲にさらわれました。
うまく穴の中を移動してたつもりだったんですけど、
穴の上から回ってくる子がいましてね、
合流しようとして、目の前で持ってかれました。
ショッキングすぎてスクショ撮り忘れたわ。
イメージ024
気がついたら2匹に!
ガサッという音に子供達がびびってお母さんから離れたんです。
次の瞬間、低い唸り声と断末魔が聞こえて・・・見つけたときには2匹。
音だけの演出が恐さを引き立てます。明るくなるまでじっとしてようやぁ・・・。

そんなこんなで色々な試練に見舞われながらなんとかクリアできました。
どうも残存する子供の数が多いほど難易度が上がるようです。
私は1匹しか生かせなかった。無念ですが、それもまた自然界。
最後はプレイしたからこそ感じられるものがありますね。
ゲームとしては物足りないかも。短いし、リプレイ性はあまりありません。
セールで$3.99だったので次回作への心づけだと思えば安いものですが。


真っ赤なトナカイさん

あわてて探しても
見当たらなくて
にじんだ世界
あふれて止めどない
大事なときなのに

息もままならない
ガスは溜まっていく
好きでなったわけじゃない
哀れむくらいなら代わってくれ

乗っ取られたんだ人型センサー
見えない微粒子をとらえる感度
お医者お手上げ回り出す
くるくるタライ
復旧のめどが立たないエラー
オツムが重くなりノイズキャンセル
地下鉄も高原の空気さえも
同じだとは
アンビリバボー

空気の読めない人型センサー
何を食べてもおいしく感じない
君とむすんだ細い糸も
ほころびかける
どうしてこうなる人型センサー
見えない微粒子に振り回されて
僕が何をしたっていうんだ
許してくれ
デスティニー

このページのトップヘ