9月初めGoogle Chrome(45.0.2454.85 m)にてNPAPI機能のサポートが終了しました。
ChromeではSilverLightのプレイヤーを使う動画サイトは見られないことになります。
そのためSilverLightが使われているサイトでは他のブラウザに頼らざるを得ません。
この記事ではInternetExplorer使ってSilverLightを有効にする方法を解説します。

まず、InternetExplorerを起動してSilverLightが有効になっているか確認しましょう。
右上の歯車アイコンから[アドオンの管理]をクリックします。
silver1
[Microsoft SilverLight]という項目が見つかりましたか?
右に有効と出ていればそのまま、
無効となっている場合は右下の「有効にする」ボタンを押してください。
silver2
ここで一度観たい動画にアクセスしてみましょう。
まだインストールが促される場合、アドレスバーの右に青いアイコンが出ていませんか?
silver3
この場合、ActiveXフィルターを無効にする必要があります。
その画面のまま、青いアイコンをクリックして無効にすることもできますが、
いちいちクリックしなくていいように設定を変えておいたほうがスムーズでしょう。

先ほどの[アドオンの管理]より下にある[インターネットオプション]をクリックします。
[セキュリティ]のタブをクリックして、[レベルのカスタマイズ]ボタンをクリックします。

silver4
[ActiveX フィルターを有効にする]という項目を探し、[無効にする]をクリックします。
silver5
以上です。動画にアクセスして再生できるか確認してください。