という話題で先日盛り上がったので掘り下げてみます。
07d50a16c2d26a590e0ebd46888cb825_s
http://www.photo-ac.com/main/detail/260705?title=%E6%9D%B1%E7%87%83%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E5%B7%A5%E5%A0%B4

うーん緑。
でもどうして緑なんでしょう?照明が緑色なのかな?と思ったんですが
正確には「緑以外の色が出にくい水銀灯を使っているから」なんですね。
色は太陽や蛍光灯など光源によって出やすさが違います。
この出やすさの違いを表にしたものがあったので見てみましょう。
2_1
(出典: http://member.tokoha-u.ac.jp/~kuninaka/renewal/spectrum.htm )
水銀灯は緑と青以外の色が出にくいことがわかります。
ではなぜ、色が出にくいにもかかわらず利用されるのでしょうか。
それは明るくて広い範囲を照らせる、しかも長寿命だからです。
そのため色の再現性が求められてない広い場所、
例えば工場や公園や体育館等でよく利用されるようです。
欠点もあります。
明るくなるまで時間がかかったり安定器が必要だったり電気代が高かったり。
環境へ影響を考慮して水銀灯は2020年をもって製造・輸入が禁止になるようです。
http://labinox.co.jp/led-light-03.html
今後更にLED化が進んでいけば
十数年後には撮れない写真&通じない話題になっているかもしれません。

と、ここでちょっとFF7の話です。
序盤の舞台となる都市ミッドガルについてです。
86da876a-s
緑色の蒸気・・・FF7では魔晄というエネルギーですけどこれ
水銀灯に照らされた工場から着想を得てやしないかと!
海外の工場だと水銀灯が用いられることはあまりないそうです。
同じように日本で水銀灯を使う工場がなかったら
86da876a-s-
こうなってた可能性もあるのでは!
なんて、関係ないかもしれないけど想像すると楽しいです。